コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際難民機関 こくさいなんみんきかんInternational Refugee Organization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際難民機関
こくさいなんみんきかん
International Refugee Organization

略称 IRO。臨時的な国連専門機関の一つで,第2次世界大戦後,母国へ帰れなかったり,あるいは政治的理由から帰国を望まなかったりしたヨーロッパ諸国や中東の難民の救済にあたった。 1946年 12月国連総会決議で設立が決り,アメリカ,イギリス,フランス,中国など 18ヵ国が参加,ジュネーブに本部を設置して 51年末までに 160万人を救済し,翌年3月に廃止された。その間,難民の収容,医療,法的,政治的保護,定住のための諸準備の世話などを行い,また行くえのわからない家族や親戚の調査もした。なお事業は国連難民高等弁務官事務所 UNHCRに引継がれた。 (→連合国救済復興機関 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

国際難民機関【こくさいなんみんきかん】

International Refugee Organization。略称はIRO。1948年設置された国際連合の専門機関。第2次大戦による難民とドイツ・イタリアの迫害による被害者の救済,本国送還,新居住地への定住周旋などを目的とした。
→関連項目UNRRA

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の国際難民機関の言及

【国連難民高等弁務官事務所】より

…略称UNHCR。1950年12月14日の国連総会決議にもとづき設置され,それまで難民問題を担当し,51年に解散した国際難民機関(IRO)の事業を引き継いだ。高等弁務官は,その権限の範囲内にある難民に対して国連の権威の下に国際的保護を与え,これら難民の自発的帰国または新しい国家社会への同化を容易にするために援助することにより,難民問題の恒久的解決を図り,また難民に法的,物的両面での保護,救済を与えることを目的とする。…

※「国際難民機関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国際難民機関の関連キーワード国際連合難民高等弁務官事務所難民問題亡命

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android