コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波千代平 なんば ちよへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

難波千代平 なんば-ちよへい

?-1858 江戸時代後期の家畜改良家。
備中(びっちゅう)哲多郡釜(かま)村(岡山県神郷町)竹の谷の鉄山経営者の家に生まれる。父の代から和牛の品種改良につとめ,天保(てんぽう)(1830-44)のころ「竹の谷蔓牛(つるうし)」の元祖といわれる優秀種をつくりだした。安政5年死去。姓は浪花とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

難波千代平

没年:安政5(1858)
生年:生年不詳
江戸後期の牧畜改良家。文化文政(1804~30)のころ,備中国(岡山県)阿賀郡釜村の人。元助(文化6年没)―千代平―元助―栄右衛門(明治25年没)の4代を通じて牛の改良に尽くした。とくに千代平は選抜交配により天保(1830~44)初年に良い牝牛を得,これをもとに竹の谷蔓牛をつくりだした。<参考文献>『阿哲畜産史』『神郷町史』

(神立春樹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

難波千代平の関連キーワードケクレ安政の大獄徳川家定快楽亭ブラックノルドクビストビュルゲルペリーマクネアレイイーストレーキ