雨垂れ石を穿つ(読み)アマダレイシヲウガツ

  • 雨垂(あまだ)れ石(いし)を穿(うが)つ

大辞林 第三版の解説

漢書 枚乗伝
わずかなことでもそれがたび重なると大事になる。こつこつと努力を重ねれば成功につながる。点滴てんてき石を穿つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ことわざを知る辞典の解説

雨垂れが長い間には石に穴をあけるように、小さな事でも根気よく続ければ大きな事を成し遂げられる。

〔異形〕点滴石を穿つ

〔英語〕Constant dripping wears away a stone.(点滴石を穿つ)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

小さなことを根気よく続ければ、やがて大きなことを成し遂げられるということ。

[使用例] すると長年月の後には、「塵積って山となり、点滴石を穿つ」というように、必ず自分の才能特色が何らかの形をとって世に現れずにはいません[岡本かの子*仏教人生読本|1934]

[由来] 紀元前二世紀の中国、前漢王朝の時代のばいじょうという人物が書いた文章の一節、「たいざんりゅうは石をも穿つ(泰山という山に降る雨垂れは、長い間には石にだって穴を開ける)」から。ただし、同じような発想の表現は、ヨーロッパなどにもあります。

〔異形〕てんてき石を穿つ。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android