コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲の梯 クモノカケハシ

デジタル大辞泉の解説

くも‐の‐かけはし【雲の×梯】

雲がたなびくさまを、かけはしに見立てた語。
「天の川―いかにしてふみ見るばかり渡し続けむ」〈落窪・一〉
深い谷間の空中高くかけ渡した橋。
「水青きふもとの入江霧晴れて山路秋なる―」〈風雅・雑上〉
《宮中を「雲の上」にたとえて》宮中の御階(みはし)。
「昔見し―変はらねど我が身一つのとだえなりけり」〈風雅・雑下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くものかけはし【雲の梯】

かささぎが七夕の夜に天の川にかけるという橋。空の橋。 「かささぎの-秋暮れて/新古今 秋下
雲の長くたなびくさまをかけはしに見立てた語。
がけや絶壁の上などはるか高い所にかけられた橋。
宮中の御階みはし
城攻めに用いた長いはしご。雲梯うんてい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

雲の梯の関連キーワード城攻め天の川宮中

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android