雲叟元云(読み)うんそう げんうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲叟元云 うんそう-げんうん

?-1711 江戸時代前期-中期の僧。
臨済(りんざい)宗。剛室崇寛の法をつぐ。元禄(げんろく)10年南禅寺金地院住持,つづいて僧録に任じられた。のち南禅寺住持。かつての一山派の拠点南禅院の復興につくした。正徳(しょうとく)元年9月11日死去。諡号(しごう)は仏性通応禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android