雲叟元云(読み)うんそう げんうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲叟元云 うんそう-げんうん

?-1711 江戸時代前期-中期の僧。
臨済(りんざい)宗。剛室崇寛の法をつぐ。元禄(げんろく)10年南禅寺金地院住持,つづいて僧録に任じられた。のち南禅寺住持。かつての一山派の拠点南禅院の復興につくした。正徳(しょうとく)元年9月11日死去。諡号(しごう)は仏性通応禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android