雲海の上の旅人

デジタル大辞泉プラスの解説

雲海の上の旅人

ドイツ、ロマン派の画家カスパール・ダヴィド・フリードリヒの絵画(1818)。原題《Der Wanderer über dem Nebelmeer》。『霧の海を眺めるさすらい人』、『霧の海を見下ろす散策者』などの邦題もある。岩山の峰に佇み、霧に煙る眼下の山々を見つめる紳士を描いた作品。ハンブルク美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

うんかいのうえのたびびと〔ウンカイのうへのたびびと〕【雲海の上の旅人】

《原題、〈ドイツ〉Der Wanderer über dem Nebelmeerフリードリヒの絵画。カンバスに油彩。縦95センチ、横75センチ。岩山の峰に佇み、霧に煙る眼下の山々を見つめる紳士の後ろ姿を描く。ハンブルク美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android