コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲海の上の旅人

デジタル大辞泉プラスの解説

雲海の上の旅人

ドイツ、ロマン派の画家カスパール・ダヴィド・フリードリヒの絵画(1818)。原題《Der Wanderer über dem Nebelmeer》。『霧の海を眺めるさすらい人』、『霧の海を見下ろす散策者』などの邦題もある。岩山の峰に佇み、霧に煙る眼下の山々を見つめる紳士を描いた作品。ハンブルク美術館所蔵。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android