コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲英晃耀 きら こうよう

美術人名辞典の解説

雲英晃耀

真宗大谷派の僧。三河安休寺住職。幼名は雅楽丸、号は因明院。高倉学寮に学び、講師となる。また広瀬旭荘に漢学を学ぶ。因明学に造詣が深く、因明学会を設立した。『因明初歩』『因明大意』等の著がある。明治43年(1910)寂、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲英晃耀 きらら-こうよう

きら-こうよう

雲英晃耀 きら-こうよう

1831-1910 幕末-明治時代の僧。
天保(てんぽう)2年7月5日生まれ。三河(愛知県)の真宗大谷派安休寺の住職。京都の高倉学寮にまなぶ。明治26年学寮講師。因明を研究し,因明学会を設立した。明治43年2月14日死去。80歳。著作に「因明入正理論疏方隅録」「護法総論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

雲英晃耀の関連キーワードきら晃耀

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android