コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲谷等的 うんこく とうてき

美術人名辞典の解説

雲谷等的

江戸前期の画家。広島生。等屋の長男。幼名は於又丸、名は元明。父が歿してのち萩に引き取られ、叔父である等の指導を受けた。元和四年兵部少輔に任じられて一家を構え、寛永十九年法橋叙位。等益・等与とともに大徳寺碧玉庵の襖絵制作に従事した。寛文4年(1664)歿、59才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲谷等的 うんこく-とうてき

1606-1664 江戸時代前期の画家。
慶長11年生まれ。雲谷等屋の長男。父が早く死んだため,長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)で叔父の雲谷等益にそだてられる。のち萩藩につかえた。寛文4年1月22日死去。59歳。名は元明。作品に「高士騎驢・花鳥図」「花鳥図屏風(びょうぶ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

雲谷等的

没年:寛文4.1.22(1664.2.18)
生年:慶長11(1606)
江戸初期の雲谷派の画家。本名原兵部少輔元明。雲谷等顔の長男等屋と萩藩医馬島立意の娘の長男。父の死後,萩(山口県)の叔父等益のもとに引き取られ成長。毛利家の特別の計らいで本家と同等の禄を賜り,御用絵師となる。寛永19(1642)年法橋に叙せられた。

(川本桂子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

雲谷等的の関連キーワード没年

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android