雲量計(読み)うんりょうけい(英語表記)nephometer

世界大百科事典 第2版の解説

うんりょうけい【雲量計 nephometer】

雲量とは,雲の覆う部分の全天空に対する割合のことで,0~10の数字で表す。雲量は一般に人間の目視によって観測されており,目視観測を助ける器械を雲量計という。それは半球の鳥籠状の針金製のもので,緯度・経度に相当する横と縦の針金で囲まれた面積が等しいように作られている。,眼を半球の中心に置き,この装置を通して全天空を観測する。魚眼レンズの全天カメラで撮影し,雲の占める面積を求めることもある。【竹内 清秀

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android