コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電力産業 でんりょくさんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電力産業
でんりょくさんぎょう

電力を生産,輸送して需要家に販売する事業。代表的な公益事業で,公共性が強く,一元的,広域的に運営する利点が大きいために,フランス,イタリアなどのように資本主義国家でも国有化されている場合が多い。また,日本では,電気事業と呼ばれており,きわめて資本集約的な産業で,日本の9電力会社を例にみると固定資産が資産総額の 90%をこえている。日本においては,事業者には一般供給事業者 (9電力会社など) と卸供給事業者 (電源開発会社,共同発電会社,公営電気事業者) があるが,後者は電力を前者に卸売りするだけで,最終需要家に電力を直接販売することを認められているのは一般供給事業者だけである。また業界における9電力会社の比重は圧倒的に大きく,発電設備出力の 81%,販売電力量の 96%を9電力会社で占めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

電力産業の関連キーワードボスニア・ヘルツェゴビナA. ファンファーニ電源開発促進税ファンファーニ電気事業法日立製作所茨城県温排水ボルピ東芝

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電力産業の関連情報