コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電力用炭 でんりょくようたん

1件 の用語解説(電力用炭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電力用炭
でんりょくようたん

火力発電に熱源として用いる石炭。一般炭を粉炭にして,発電用の蒸気ボイラ燃料に使用していた時代は,大口消費機関であったため,需給流通用語として特に電力用炭と呼称した。石油を中心としたエネルギー革命により,火力発電の熱源としての使用割合は一時は9%まで低下したが,その後,相次ぐ原油の値上げカロリー単価は電力用炭のほうが安くなったので,石炭による発電が見直され,現在では 20%前後を占めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の電力用炭の言及

【石炭】より

… 一般炭はボイラーの燃料として蒸気発生に使う量が最も多く,これに対して〈ボイラー用炭〉の名称がある。そして現在は,ボイラー用の消費は石炭火力発電が大部分であり,〈電力用炭〉の語もよく用いられる。蒸気発生の意味から英語ではsteam coalの語があるが,これはボイラー用だけでなく一般炭全体を指す場合が多い。…

※「電力用炭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電力用炭の関連キーワード一般炭火力発電石炭ガス化複合発電石炭火力発電汽力発電発電怒江ダム計画火力発電所熱併給火力発電所松島火力発電所

電力用炭の関連情報