コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子印鑑 digital signature

デジタル大辞泉の解説

でんし‐いんかん【電子印鑑】

電子化された文書に証明として入れる印。印影を模した画像データで、捺印(なついん)日時や捺印者の情報などを埋め込むこともできる。デジタル印鑑電子印章
[補説]平成17年(2005)施行の電子文書法により、従来は紙による保存が義務づけられていた書類や帳簿電子化も可能となった。それにともない開発されたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の電子印鑑の言及

【情報セキュリティ】より

… そこでディジタル署名digital signatureの技術が必要になってくる。欧米での署名(サイン)というビジネス習慣が日本では馴染みがないので,ディジタル署名のことを電子印鑑と呼ぶ場合がある。さて,ディジタル署名を行うことによって,内容が改竄されていないかを確認することができる。…

※「電子印鑑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電子印鑑の関連キーワードデジタル印章電子署名補説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android