コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子記録債権法 デンシキロクサイケンホウ

デジタル大辞泉の解説

でんしきろくさいけん‐ほう〔‐ハフ〕【電子記録債権法】

受取手形などの売掛債権を電子化した電子記録債権について規定した法律。平成20年(2008)12月施行。電子記録債権は、主務大臣の指定を受けた電子債権記録機関が磁気ディスク等をもって作成する記録原簿に電子的に記録することによって、発生・譲渡などの効力を持つ金銭債権。従来の手形取引や債権譲渡に伴うコストやリスクが軽減・解消され、事業者は安全かつ円滑に資金調達を図ることができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

電子記録債権法の関連キーワード電子記録債権法の成立電子手形

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android