コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気税・ガス税 でんきぜいガスぜい

世界大百科事典 第2版の解説

でんきぜいガスぜい【電気税・ガス税】

電気およびガスの使用者納税者とし,市町村が課した消費税。1950年に市町村の普通税としての電気ガス税が創設され,74年3月の改正で電気税とガス税に分離された(地方税法486~518条)。電気税は電気料金を課税標準とし,5%の一定税率で課税された。電気炉製鋼,硫安製造,エチレン製造等の産業用の電気については,大幅な非課税措置が講じられていた。なお1ヵ月の料金が3600円以下の場合は免税とされていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電気税・ガス税の関連キーワード地方税

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android