電気税・ガス税(読み)でんきぜいガスぜい

世界大百科事典 第2版の解説

でんきぜいガスぜい【電気税・ガス税】

電気およびガスの使用者を納税者とし,市町村が課した消費税。1950年に市町村の普通税としての電気ガス税が創設され,74年3月の改正電気税ガス税に分離された(地方税法486~518条)。電気税は電気料金課税標準とし,5%の一定税率で課税された。電気炉製鋼,硫安製造,エチレン製造等の産業用の電気については,大幅な非課税措置が講じられていた。なお1ヵ月の料金が3600円以下の場合は免税とされていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android