コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電流の熱作用 でんりゅうのねつさようheat effect of electric current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電流の熱作用
でんりゅうのねつさよう
heat effect of electric current

物質中を電流が流れることにより,熱を発生したり吸収したりする現象をいう。抵抗に流れる電流により発生するジュール熱,温度が一様でない系を流れるとき発熱または吸熱が起るトムソン効果,2つの金属の継ぎ目に電流が流れるとき熱の吸収および発生が起るペルチエ効果などがある。逆に熱により電流を生じるゼーベック効果 (熱起電力 ) もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

電流の熱作用の関連キーワードジュール渦電流

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android