熱起電力(読み)ねつきでんりょく(英語表記)thermoelectromotive force

  • ネッキデンリョク
  • 熱起電力 thermoelectromotive force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

図のような2種類の金属 (または半導体) を両端で接触させた閉回路で,2つの接点の温度が異なっていると起電力が生じて電流が流れる。これらを熱起電力,熱電流という。この現象は 1821年 T.J.ゼーベックにより発見され,ゼーベック効果と呼ばれる。熱電流の大きさおよび向きは2種の金属AとBとの組合せと,2接点の温度だけとで決る。この閉回路熱電対と呼ばれ,温度測定に広く用いられている。次のハンケルの熱電列のうち,任意の2つを選んで熱電対をつくれば,左の金属から右の金属へ向う電流が高温側の継ぎ目で生じる。
ただし,温度範囲は 10~30℃であり,順序は温度により少し違ってくる。熱起電力は2接点の温度の違いによるペルチエ効果の差と,A,Bそれぞれの金属について両端温度の差によるトムソン効果を合せた合成効果である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

2種類の異なる金属線を接続して閉回路をつくり,二つの接合点を異なる温度に保つと,二つの接合点の間に起電力が生じて電流が流れる。この現象をゼーベック効果Seebeck effectといい,このときの起電力を熱起電力と呼ぶ。1821年ドイツのT.J.ゼーベックがビスマスまたはアンチモンについて発見した。金属中の自由電子は温度に応じた熱運動を行っていて膨張圧力を呈するが,この圧力は金属によって異なるので,異種金属を接触させたとき自由電子は一方から他方へ移動して接点に電位差を生ずる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 異種の金属線の両端を接合して、二つの接合点に温度を与えたときに回路に発生した起電力。熱電気。〔電気訳語集(1893)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

2種類の導体(または半導体)の両端をそれぞれ接合させて一つの回路をつくり,二つの接合点に温度差を与えると,回路に電流が流れる.この電流は熱電流とよばれる.1821年,T. SeebeckがCuとBiまたはSbについて発見した.熱電流の大きさは導体の種類,接合点における温度差が一定のとき,回路の抵抗に反比例する.したがって,回路に一定の起電力が生じていると考えられ,これを熱起電力という.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の熱起電力の言及

【熱電対】より

…熱起電力を利用する目的で2種の異なる金属線を接続したものを指す。2種の金属線を接続して閉回路を構成し,二つの接点を異なる温度に保つと,接点間に起電力(熱起電力という)を生ずる(ゼーベック効果)。…

※「熱起電力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android