コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱起電力 ねつきでんりょくthermoelectromotive force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱起電力
ねつきでんりょく
thermoelectromotive force

図のような2種類の金属 (または半導体) を両端で接触させた閉回路で,2つの接点の温度が異なっていると起電力が生じて電流が流れる。これらを熱起電力,熱電流という。この現象は 1821年 T.J.ゼーベックにより発見され,ゼーベック効果と呼ばれる。熱電流の大きさおよび向きは2種の金属AとBとの組合せと,2接点の温度だけとで決る。この閉回路は熱電対と呼ばれ,温度測定に広く用いられている。次のハンケルの熱電列のうち,任意の2つを選んで熱電対をつくれば,左の金属から右の金属へ向う電流が高温側の継ぎ目で生じる。
ただし,温度範囲は 10~30℃であり,順序は温度により少し違ってくる。熱起電力は2接点の温度の違いによるペルチエ効果の差と,A,Bそれぞれの金属について両端温度の差によるトムソン効果を合せた合成効果である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねつ‐きでんりょく【熱起電力】

2種の金属をつないだ回路で、接点間の温度差によって生じる起電力ゼーベック効果によって生じる起電力。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ねつきでんりょく【熱起電力 thermoelectromotive force】

2種類の異なる金属線を接続して閉回路をつくり,二つの接合点を相異なる温度に保つと,二つの接合点の間に起電力が生じて電流が流れる。この現象をゼーベック効果Seebeck effectといい,このときの起電力を熱起電力と呼ぶ。1821年ドイツのT.J.ゼーベックが銅とビスマスまたはアンチモンについて発見した。金属中の自由電子は温度に応じた熱運動を行っていて膨張圧力を呈するが,この圧力は金属によって異なるので,異種金属を接触させたとき自由電子は一方から他方へ移動して接点に電位差を生ずる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ねつきでんりょく【熱起電力】

熱電流を流す起電力。大きさは、導体の種類と接合点の温度によって定まる。 → 熱電流

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の熱起電力の言及

【熱電対】より

…熱起電力を利用する目的で2種の異なる金属線を接続したものを指す。2種の金属線を接続して閉回路を構成し,二つの接点を異なる温度に保つと,接点間に起電力(熱起電力という)を生ずる(ゼーベック効果)。…

※「熱起電力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熱起電力の関連キーワードベネディックス効果アルメル・クロメルベネディクス効果コンスタンタンマグヌスの法則電流の熱作用磁気熱電効果サーモパイル熱電対温度計標準抵抗器地質温度計熱電対合金MGC材料熱電気発電熱電温度計熱電効果熱電発電電位差計逆転温度検出器

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android