コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電王戦 でんおうせん

知恵蔵miniの解説

電王戦

株式会社ドワンゴの主催によるプロ棋士対コンピューター将棋棋戦の名称。将棋電王戦ともいわれる。第1回は2012年1月に行われ、米長邦雄永世棋聖ら5人と、世界コンピューター将棋選手権で1~5位となった5ソフトが対局し、現役を引退していた米長永世棋聖以外のプロ棋士が全勝した。第2回はプロ棋士5人対5ソフト との対局となることが発表され、13年3月、阿部光瑠四段とコンピューター将棋「習甦」が対局し、阿部プロが勝利した。

(2013-3-26 電王戦)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

電王戦

人間の棋士とコンピューターが対局する将棋の棋戦日本将棋連盟株式会社ドワンゴ、中央公論新社が主催。第1回は2012年に開催され、米長邦雄永世棋聖と伊藤英紀開発による将棋対局ソフト「ボンクラーズ」が対戦、将棋ソフトが勝利した。第2回以降は、5人のプロ棋士と5種の将棋ソフトによる団体戦形式となっている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

電王戦の関連キーワードコンピューター対人間の将棋史囲碁電王戦

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電王戦の関連情報