電車道(読み)でんしゃみち

精選版 日本国語大辞典「電車道」の解説

でんしゃ‐みち【電車道】

〘名〙
路面電車軌道。また、それが敷設してある道路電車通り。
風俗画報‐三五六号(1907)関口水道町「上に土を敷き中央に電車(デンシャミチ)を敷設し」
相撲で、立合いと同時に一気に寄って出て、そのまま土俵外にもっていくこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「電車道」の解説

でんしゃ‐みち【電車道】

路面電車の軌道が敷設された道路。電車通り。また、電車の軌道。
相撲で、立ち上がって一気に相手を寄り切ったり、押し出したりすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「電車道」の解説

電車道
でんしゃみち

相撲用語。立ち合いからまっすぐ一直線に押されたり寄られたりすること。,電車のレールはほとんどまっすぐだったことからきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる