霊社(読み)れいしゃ

精選版 日本国語大辞典「霊社」の解説

れい‐しゃ【霊社】

〘名〙
霊験のあらたかな社。
※玉葉‐承安二年(1172)七月七日「両所之社故、有数日之忌禁歟」
② 先祖の霊をまつる社。みたまや。霊廟(れいびょう)
※吉祭次第‐祭祀事「霊社を建さる家には、床に神体を安置するもあり」
神道卜部(うらべ)家で、生人に授けるおくり名の下に添える語。
※瓊矛拾遺(1698‐70)下「於卜部家、死人贈社号、生人賜霊社号

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「霊社」の解説

れい‐しゃ【霊社】

霊験のあらたかな神社。
先祖の霊を祭る社。霊廟(れいびょう)。
神道の卜部(うらべ)家で、生前に授ける(おくりな)の下に添える語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例