霊質(読み)れいしつ(英語表記)soul-substance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霊質
れいしつ
soul-substance

主として原始宗教にみられる生命原理についての考え方の一つ。風や息のような「軽い」物理的現象に似た性質をもち,量的に多少があり,人間をはじめあらゆる生物に宿ってその生命の原理となる非人格的,非個性的な実質をいう。生物の死とともに消滅するか,あるいはその源泉に帰一すると信じられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android