コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊鬼 レイキ

デジタル大辞泉の解説

れい‐き【霊鬼】

死者の霊。特に、その悪鬼と化したもの。悪霊。りょうき。
「その悪しき奴(やっこ)の―なることを」〈霊異記・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れいき【霊鬼】

死者の霊。また、霊魂が形を変えた鬼。 「其魂魄の-と成りたるにてぞ有らん/太平記 23

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の霊鬼の言及

【ジン】より

…アラブ世界で信じられた,神の創造になる思考力ある生物。精霊,霊鬼とも訳される。ユダヤ教・キリスト教的背景とは関係なく,俗信として古くからその存在が信じられていたが,コーランの中でもその存在が認められていることにより,イスラム期以降,天使やサタン(シャイターン)の解釈と絡まりあってそのイメージはますます豊富なものとなった。…

※「霊鬼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

霊鬼の関連キーワードシャーマニズム桓算・寛算イスラム教精霊崇拝捜神記太平記仮面ジン霊魂

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霊鬼の関連情報