コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露沾 ろせん

4件 の用語解説(露沾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ろせん【露沾】

1655‐1733(明暦1‐享保18)
江戸前~中期の俳人。姓は内藤,幼名は五郎四郎,名は義英,のち政栄。奥州磐城平7万石内藤義泰(俳号風虎)の次男で,下野守に任じられたが28歳で退身した。貞門時代,18歳で《桜川》に45句入集,のち蕉門に近づき,他の多くの俳人とも交わった。《笈(おい)の小文》に旅立つ芭蕉に,〈時は冬吉野をこめん旅のつと〉の句を送ったりした。著作に《倉の衆》《露沾公詠草》がある。〈むくつけき海鼠(なまこ)ぞ動く朝渚〉(《其帒》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ろせん【露沾】

内藤ないとう露沾

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

露沾
ろせん
(1655―1733)

江戸中期の俳人。内藤氏。奥州(福島県)岩城平(いわきたいら)7万石の大名内藤義泰(よしやす)(俳号風虎(ふうこ))の二男として江戸桜田邸に生まれる。宗因門。父風虎の編で1674年(延宝2)成立の俳諧撰集(はいかいせんしゅう)『桜川(さくらがわ)』に、弱冠18歳の露沾は45句の大量入集(にっしゅう)を果たし、早熟ぶりを示している。82年(天和2)28歳での退身とともに蕉門(しょうもん)に接近、83年刊其角(きかく)編『虚栗(みなしぐり)』をはじめとして、以後の蕉門諸俳書にしばしばその名をみることができる。芭蕉(ばしょう)も『笈(おい)の小文(こぶみ)』に「時は冬よし野をこめん旅のつと」の句を記し、「此(この)句は露沾公より下し給はらせ侍(はべ)りけるを」と書き付けている。門下に沾徳(せんとく)、沾涼(せんりょう)らがいる。享保(きょうほう)18年岩城に没した。享年79歳。[復本一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の露沾の言及

【沾徳】より

…はじめ沾葉と号し,露言に師事。磐城平(いわきたいら)城主内藤風虎の息露沾から師弟に露・沾の各一字を授かったものという。俳壇への登場は1678年(延宝6)。…

※「露沾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

露沾の関連キーワード清閑寺治房園基音松本幸四郎明暦鷺水勝田寿閑金道(3代)朱人堀直佑

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone