コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露沾 ろせん

世界大百科事典 第2版の解説

ろせん【露沾】

1655‐1733(明暦1‐享保18)
江戸前中期俳人。姓は内藤,幼名は五郎四郎,名は義英,のち政栄。奥州磐城平7万石内藤義泰(俳号風虎)の次男で,下野守に任じられたが28歳で退身した。貞門時代,18歳で《桜川》に45句入集,のち蕉門に近づき,他の多くの俳人とも交わった。《笈(おい)の小文》に旅立つ芭蕉に,〈時は冬吉野をこめん旅のつと〉の句を送ったりした。著作に《倉の衆》《露沾公詠草》がある。〈むくつけき海鼠なまこ)ぞ動く朝渚〉(《其帒》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

露沾
ろせん
(1655―1733)

江戸中期の俳人。内藤氏。奥州(福島県)岩城平(いわきたいら)7万石の大名内藤義泰(よしやす)(俳号風虎(ふうこ))の二男として江戸桜田邸に生まれる。宗因門。父風虎の編で1674年(延宝2)成立の俳諧撰集(はいかいせんしゅう)『桜川(さくらがわ)』に、弱冠18歳の露沾は45句の大量入集(にっしゅう)を果たし、早熟ぶりを示している。82年(天和2)28歳での退身とともに蕉門(しょうもん)に接近、83年刊其角(きかく)編『虚栗(みなしぐり)』をはじめとして、以後の蕉門諸俳書にしばしばその名をみることができる。芭蕉(ばしょう)も『笈(おい)の小文(こぶみ)』に「時は冬よし野をこめん旅のつと」の句を記し、「此(この)句は露沾公より下し給はらせ侍(はべ)りけるを」と書き付けている。門下に沾徳(せんとく)、沾涼(せんりょう)らがいる。享保(きょうほう)18年岩城に没した。享年79歳。[復本一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

露沾 (ろせん)

生年月日:1655年5月1日
江戸時代前期;中期の俳人
1733年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の露沾の言及

【沾徳】より

…はじめ沾葉と号し,露言に師事。磐城平(いわきたいら)城主内藤風虎の息露沾から師弟に露・沾の各一字を授かったものという。俳壇への登場は1678年(延宝6)。…

※「露沾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

露沾の関連キーワード福田露言(初代)菊岡沾凉松山玖也相楽等躬内藤風虎内藤露沾生年月日服部沾圃内藤政樹赤荻露牛内藤義孝豊島露月福田露言菊岡沾涼水間沾徳東日記温石沾徳炭俵

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android