コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤露沾 ないとうろせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内藤露沾
ないとうろせん

[生]明暦1(1655).5.1. 江戸
[没]享保18(1733).9.14. 磐城
江戸時代中期の俳人。磐城平藩主内藤義泰 (内藤風虎 ) の次男。名,義英,のち政栄。嗣として藩主となるはずのところ,讒言により天和2 (1682) 年廃嫡となり,以後は風流をもっぱらとした。和歌を武者小路実蔭に学び,俳諧は宗因門であるが,父の薫陶を受け,季吟,芭蕉,其角らと交遊があった。門人水間沾徳菊岡沾凉らがいる。歌集『露沾公詠草』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤露沾 ないとう-ろせん

1655-1733 江戸時代前期-中期の俳人。
明暦元年5月1日生まれ。陸奥(むつ)平藩主内藤義概(よしむね)の次男。兄の死去で世継ぎになったが,天和(てんな)2年辞退。江戸麻布の自邸で月次俳諧(つきなみはいかい)をもよおし,水間沾徳(みずま-せんとく)らをそだてる。松尾芭蕉とも親交があった。享保(きょうほう)18年9月14日死去。79歳。名は義英,政栄。別号に傍池亭,遊園堂。
【格言など】鎌倉の僧こととはん冬の海(「続虚栗」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

内藤露沾

没年:享保18.9.14(1733.10.21)
生年:明暦1.5.1(1655.6.5)
江戸前中期俳人。磐城平藩(福島県いわき市)藩主,内藤風虎の次男。幼名は五郎四郎義英,のち政栄。別号に傍池亭,遊園堂。兄他界のため家督を継ぐ立場にたつが,お家騒動にまきこまれて,天和2(1682)年病気を理由に退身。早くから俳諧に親しみ風虎サロンの若亭主として活躍するが,退身後は江戸蕉門とも交流した。麻布六本木の自邸で月次興行を催すなど,風流三昧の生活を送る。福田言,水間沾徳,菊岡沾涼らはその門人(『綾錦』)。<参考文献>岡田利兵衛「内藤風虎,内藤露沾」(明治書院『俳句講座』2巻)

(楠元六男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ないとうろせん【内藤露沾】

1655~1733) 江戸前・中期の俳人。本名、義栄。風虎の二男。父の影響で俳諧を好み、門人の指導も行なった。隠棲後も其角・沾徳ら江戸俳壇と交流。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内藤露沾
ないとうろせん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の内藤露沾の言及

【露沾】より

…江戸前~中期の俳人。姓は内藤,幼名は五郎四郎,名は義英,のち政栄。奥州磐城平7万石内藤義泰(俳号風虎)の次男で,下野守に任じられたが28歳で退身した。貞門時代,18歳で《桜川》に45句入集,のち蕉門に近づき,他の多くの俳人とも交わった。《笈(おい)の小文》に旅立つ芭蕉に,〈時は冬吉野をこめん旅のつと〉の句を送ったりした。著作に《倉の衆》《露沾公詠草》がある。〈むくつけき海鼠(なまこ)ぞ動く朝渚〉(《其帒》)。…

※「内藤露沾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内藤露沾の関連キーワード福田露言(初代)相楽等躬内藤政樹豊島露月赤荻露牛

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android