青丘永言(読み)せいきゅうえいげん

世界大百科事典 第2版の解説

せいきゅうえいげん【青丘永言】

李朝時代に編まれた朝鮮で最初の時調(短歌)集。英祖朝の第一の歌人金天沢(,南坡)が編集。《海東歌謡》とともに李朝時代の歌集としては最も完備したものである。現在,《京城大学本》と《珍書刊行本》の2種がある。いずれも高麗末から18世紀当時の時調を中心に収めたもので,前者は千十数首を収め,英祖4年(1728)の鄭潤卿,金天沢らの序文がある。後者は580首を収録し,両本とも曲調別の分類をしている。音楽教本として編集したもので,序文によると散在している各文献から抄録したほか,口碑によるものも採録したとある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android