海東歌謡(読み)かいとうかよう

世界大百科事典 第2版の解説

かいとうかよう【海東歌謡】

朝鮮,李朝の歌謡集。1763年(英祖39),寿長が撰集。《青丘永言》とともに時調歌辞類をまとめた歌集としては最古のもの。金寿長は歌人であり,晩年ソウルの花開洞に老家斎と称する茅屋を建てて音楽を教授した。この歌集は教本として編集され,高麗末からの有名氏の歌が568首,作者不明の歌315首収録されている。有名氏のは作家別に分類し,簡単な略歴もある。【金 思 燁】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android