コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海東歌謡 かいとうかよう

1件 の用語解説(海東歌謡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいとうかよう【海東歌謡】

朝鮮,李朝の歌謡集。1763年(英祖39),金寿長が撰集。《青丘永言》とともに時調歌辞類をまとめた歌集としては最古のもの。金寿長は歌人であり,晩年ソウルの花開洞に老家斎と称する茅屋を建てて音楽を教授した。この歌集は教本として編集され,高麗末からの有名氏の歌が568首,作者不明の歌315首収録されている。有名氏のは作家別に分類し,簡単な略歴もある。【金 思 燁】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海東歌謡の関連キーワード高野辰之エッダ高麗茶碗山家鳥虫歌上代歌謡鄭麟趾ベランジェ李朝李朝実録梁塵秘抄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone