コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時調 シジョsijo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時調
シジョ
sijo

朝鮮の定型短詩。高麗王朝の末頃 (14世紀末) 形式が完成したと推定される。1首が3章から成る定型詩で,基本形は1章が4単位,破格形は4単位以上。1単位はだいたい3~4字で構成される。ただし,第3章の第1単位はほとんど3字で固定され,第2単位は5字以上。 17世紀末までは基本形の平 (ピョン) 時調が多く,両班 (ヤンバン) 階級の学者,文人が即興的に感懐をうたったものが主であったが,その後金天沢,金寿長ら平民出身の時調作家が輩出した。作風も道学的,観念的なものから,写実的で諧謔的,享楽的になり,形式も破格形であるオッ時調 (中型時調) ,辞説 (サソル) 時調 (長型時調) が多くなる。

時調
じちょう

時調」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

時調【じちょう】

朝鮮の古典詩歌の形式の一つ。高麗末から李朝時代初期に始まったとみられる。3・4・3・4の音節単位を3個重ねた短歌と呼ばれるものが中心だが,後にはさらに長く続けた〈辞説時調〉も現れた。
→関連項目キーセン(妓生)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じちょう【時調】

朝鮮の代表的な歌謡形式。朝鮮語ではシジョsijoという。日本の短歌(和歌)に似た面があり,短歌ともいう。形式は郷歌の形式の一部分を短縮したもので,初章[3・3 3・3],中章[3・3 3・3],終章[3・5~9・4~5]。初章・中章では3・3を3・4ないし4・4などに移動できるが,終章の3は厳守する。郷歌から派生しただけに発生が古く,長い年月にわたって綿々と歌い継がれて今日に及び,現在も韓国では詩壇の一角に確固たる地位を占めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

時調
じちょう / シジョ

朝鮮固有の定型詩。三章六句体、45字内外で構成される。音律数は三・四調または四・四調が基本となるが、1音節または2音節程度の加減は許される。しかし、終章の初句はかならず3音節に、また第二句は5音節以上と決められている。これを基本形として、第二章(中章)を伸ばした中時調、長時調があるが、終章の形式は守られている。時調の淵源(えんげん)は、新羅(しらぎ)時代の郷歌(きょうか)に求める説もあるが、一般的には高麗(こうらい)末に始まるとされている。朝鮮独特の文芸ジャンルとして、日本の短歌のように今日もなお生き続けている。初めは詩余、長短歌、新翻などとよばれていた。
 時調という名称が使われたのは18世紀ごろで、「時節歌」または「節歌調」、つまり当代の流行歌調という意味であった。したがって時調は、文学ジャンルの名称というよりは音楽の曲調の名称で、それがいつのまにか定型詩の名称に転じた。内容としては懐古歌、忠節歌、恋君歌、逃避棄世歌など多様であるが、花鳥風月や男女の恋愛を歌ったものがとくに多い。「涙にとどむるその袖(そで)を 君うち払い行くなかれ/眼界(まなじ)はるけきかの土手に 日の暮れはつる旅の空/うつろ旅籠(はたご)のともしびを かかげて坐(ざ)せば淋(さび)しきに」(李(り)明漢作、田中明訳)。李朝中期以後『青丘永言』『海東歌謡』『歌曲源流』などの時調集が編纂(へんさん)され絶頂に達した。作者は国王から妓女(ぎじょ)、庶民に至るまで幅が広い。[尹 學 準]
『若松実編・訳『韓国の古時調』(1979・高麗書林) ▽尹學準著『時調――朝鮮の詩心』(1978・創樹社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の時調の言及

【朝鮮音楽】より

…17世紀後半になると唐楽はしだいに郷楽化し,郷楽は発展し変化しながら栄えた。18世紀にいたると,時調や詩文学の繁栄に伴い,歌曲の歌辞(詞),時調と呼ばれる芸術的な声楽が確立し,民衆の中では,パンソリと呼ぶ語り物音楽が発達し,多くのパンソリの名歌手が出現した。一方器楽にも〈散調(さんぢよう)〉という独奏楽器のための楽曲形式がおこり,宮廷音楽も含めて,器楽も声楽も民族音楽の大成期を成した。…

【朝鮮文学】より

…まず詩歌の幕開きは〈楽章〉と呼ばれる歌体で,典型的作品に《竜飛御天歌》《月印千江之曲》がある。郷歌以来の朝鮮固有の歌謡形式を踏襲し短縮した〈時調〉は高麗末に形式が完成するが,李朝の代表的詩歌となった。17世紀末ころまでは学者の即興詩的な色彩が強く,作風も道徳的で観念的であるが,金天沢,金寿長らの平民作家が輩出し,写実的で諧謔的,享楽的になり,形式も短型の〈平時調〉から中・長型の〈オッ時調〉〈辞説時調〉の破格型が生まれた。…

※「時調」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

時調の関連キーワード鈴木 文史朗計画調整契約高木 惣吉別宮 貞俊長谷部 忠山本 熊一海東歌謡歌曲源流人口統計朝鮮音楽朝鮮文学水産統計俵 孫一尹 善道松平忠優青丘永言岩瀬忠震明神礁朴仁老黄真伊