コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青少年ネット規制法 セイショウネンネットキセイホウ

1件 の用語解説(青少年ネット規制法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいしょうねんネット‐きせいほう〔セイセウネン‐キセイハフ〕【青少年ネット規制法】

《「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」の通称》犯罪行為の請け負い・仲介、自殺の誘引、性行為の描写、殺人・処刑・虐待場面の描写などのインターネット上の有害な情報から、18歳未満の青少年を守るための法律。平成20年(2008)6月成立。事業者にはフィルタリングサービス提供やフィルタリングソフト搭載、またはそれに準ずる措置が義務づけられた。有害サイト規制法。青少年有害サイト規制法。青少年インターネット利用環境整備法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青少年ネット規制法の関連キーワードインターネットアプライアンスインターネットカフェインターネットワーキングインターネット検索インターネットTVインターネット割引青少年インターネット利用環境整備法インターネットスラングインターネットアクオスインターネット投資

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone