青山 霞村(読み)アオヤマ カソン

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の詩人,歌人



生年
明治7年6月7日(1874年)

没年
昭和15(1940)年2月

出生地
京都市深草

本名
青山 嘉二郎

別名
別号=草山隠者

学歴〔年〕
同志社大学中退

経歴
明治30年代から口語短歌と詩の可能性に着目し、明治39年和歌史上初の口語歌集「地塘集」を刊行。43年には詩集「草山の詩」を刊行した。以後口語短歌の普及確立につとめ、その理論書「詩歌学通論」を昭和9年に刊行した。ほかに「面影」「深草の元政」「桂園秘稿」などの詩集がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android