コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木宗平 あおき そうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木宗平 あおき-そうへい

1778-1859 江戸時代後期の医師,作陶家。
安永7年生まれ。大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩主柳沢保光(やすみつ)の侍医楽焼にたくみで,保光が享和年間に復興させた赤膚(あかはだ)焼の窯でやいたという。茶道にも造詣(ぞうけい)がふかかった。安政6年死去。82歳。号は宗斎,木兎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

青木宗平の関連キーワードレッシング(Gotthold Ephraim Lessing)パリのパンテオン市川団十郎ビラフランカの和議余計者光の科学史デュールコープ市川春琳スカラ座ヘルダー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android