コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青砥綱義 あおと つなよし

2件 の用語解説(青砥綱義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青砥綱義 あおと-つなよし

1713-1788 江戸時代中期の武士。
正徳(しょうとく)3年生まれ。越後(えちご)(新潟県)村上藩士。三条役所につとめ,宝暦-明和年間に三面川(みおもてがわ)の河床をサケが産卵しやすいように工夫し種川(たねがわ)をもうけ,サケの自然増殖をすすめる。漁獲高増により藩財政の立て直しに貢献。サケの増殖は藩の主要産業となった。天明8年4月26日死去。76歳。本姓は金沢。通称は武平次。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

青砥綱義

没年:天明8(1788)
生年:正徳3(1713)
江戸中期の村上藩士,越後三面川の種川制度の創設者。越後国(新潟県)岩船郡村上町生まれ。通称武平次。種川制度とは,綱義が宝暦12(1762)年より開始した鮭の回帰・溯上性を利用した増殖方法で,川の分流のひとつに籬を建て鮭の溯上を阻止し,そこで産卵を促す方法。これが事業化し村上藩の殖産興業明治維新以後の士族授産事業に貢献した。しかし,これは,産卵後の鮭の漁業権を町民の入札制としたため,上流の天領の村民と鮭をめぐる争いのもととなった。<参考文献>須藤和夫『三面川サケ物語』,吉原友吉「越後国三面川における鮭の種川制度」(『東京水産大学論集』10号)

(伊藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青砥綱義の関連キーワード種川岡村九左衛門宝田蘭陵内藤信旭内藤信敦内藤信輝内藤信思長尾秋水本多忠孝村上忠勝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone