コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青竜刀石器(読み)せいりゅうとうせっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青竜刀石器
せいりゅうとうせっき

縄文時代中期初頭から後期末にかけて,宮城県北部から北海道渡島半島北部の地域で使われた磨製石器。用途は不明で,その形態が中国の青竜刀を思わせるのでこの名がついた。大きさが 30~40cmほどで,半月形をした扁平な身部と断面楕円形の細長い柄部から成り,内反した部分が刃部ともみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青竜刀石器
せいりゅうとうせっき

縄文時代の中期から後期にかけて東北地方北半部を中心に分布する石器。形が中国の青竜刀に似ることから、このようによばれた。全面研磨され、約30センチメートルほどの大きさをもつものが多いが、その用途は明らかではない。[鈴木公雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android