コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青竜刀石器 せいりゅうとうせっき

2件 の用語解説(青竜刀石器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青竜刀石器
せいりゅうとうせっき

縄文時代中期初頭から後期末にかけて,宮城県北部から北海道渡島半島北部の地域で使われた磨製石器。用途は不明で,その形態が中国の青竜刀を思わせるのでこの名がついた。大きさが 30~40cmほどで,半月形をした扁平な身部と断面が楕円形の細長い柄部から成り,内反した部分が刃部ともみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青竜刀石器
せいりゅうとうせっき

縄文時代の中期から後期にかけて東北地方北半部を中心に分布する石器。形が中国の青竜刀に似ることから、このようによばれた。全面研磨され、約30センチメートルほどの大きさをもつものが多いが、その用途は明らかではない。[鈴木公雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青竜刀石器の関連キーワード井戸尻遺跡群円筒土器加曾利貝塚千葉県習志野市藤崎東京都あきる野市牛沼新潟県佐渡市小木金田新田愛媛県今治市波方町馬刀潟高知県宿毛市貝塚樺山遺跡里田原遺跡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone