コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青竜刀 せいりゅうとう

5件 の用語解説(青竜刀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青竜刀
せいりゅうとう

(1) 中国で古くから用いられた長柄の薙刀 (なぎなた) 様の刀。特に三国時代の武将関羽の武器の「青竜偃月刀 (えんげつとう) 」の略称。 (2) 中国の刀の日本における俗称。刀身がそりをもち,なぎなた型に先へいくほど幅広くなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいりゅう‐とう〔‐タウ〕【青竜刀】

中国で古くから用いられた、なぎなた形で幅広の大刀。柄に青竜の飾りがある。せいりょうとう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいりゅうとう【青竜刀 qīng lóng dāo】

中国在来の軍刀。多くは全長約80cm,その刀身(長さ約52cm,峰(みね)の厚さ5mm)は反りをもち鎬筋(しのぎすじ)がなく,先になるにつれて幅広い。刀柄(長さ約28cm)は紺色の平紐(ひらひも)で巻かれるが,この柄頭は素環にして赤い平紐を巻く。革製の合せたたみ式の鞘にいれて革紐でこれを背にかつぐ。人を切るときにはその重力と勢いによる。しかし中国では,通常青竜刀といえばこれと同種の長刀(なぎなた)をさし,柄の短いこの種の軍刀は〈大刀〉という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいりゅうとう【青竜刀】

中国の刀。薙刀なぎなた形の刃をしたもので、柄の刀身を受ける所が、青い竜の形をしている。
〔「青竜偃月えんげつ」の略〕 中国の小説「三国志演義」にでてくる英雄関羽の使用する薙刀状の武器。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青竜刀
せいりゅうとう

中国の古刀。(1)長刀(なぎなた)状の刀。その名は中国近世の白話小説のなかに散見する。『三国志演義』第1回には、三国時代、蜀(しょく)の武将、関羽(かんう)(?―219)が自分の刀として「青竜偃月(えんげつ)刀」をつくらせ、「冷(れいえんきょ)」と名づけたとある。また、『水滸(すいこ)伝』第76回には、「青竜刀、偃月刀」と並記されている。青竜という称は、刃の形状からつけられたという。(2)重さで切る蕃刀(ばんとう)に似た大太刀(おおたち)に対し、日本人がつけた呼称。おそらく(1)の名称の転用で、始まりは江戸末期から明治初期にかけてのころであろう。柄頭(えがしら)は環で、刀身は反って先が広く、皮の鞘(さや)に入れて背負う。[中野 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青竜刀の関連キーワードイェータ運河唯諾孔雀黒歌鳥軍刀大王烏賊鳶鱝あぐうアルタイ[山脈]カザリドリ(飾鳥)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青竜刀の関連情報