静かな紅炎(読み)しずかなこうえん(英語表記)quiet prominence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静かな紅炎
しずかなこうえん
quiet prominence

静態紅炎ともいう。変化がゆるやかで,数十日から数ヵ月に及ぶ比較的長い寿命の紅炎。太陽表面から数万 kmの高さに長時間静止し,長さは数十万 km以上に達するものもあるが,幅は数千 kmと薄く,ところどころで彩層とつながっている。太陽面上では,明るい光球を背景にして単色像の暗条としてもみられる。黒点活動と密接に関係しているらしいが,緯度にあまり関係なく出現する。その成分はおもに水素ヘリウム,電離カルシウムなどの数千度の気体である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android