静流(読み)しずかりゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静流
しずかりゅう

近世長(薙)刀(なぎなた)術の一流派。流祖を源義経(よしつね)の愛妾(あいしょう)静に仮託するもの、あるいは使用する長刀の形式が、志津(しづ)三郎作の小反刃(こぞりば)長刀に由来するとするもの(志津ヶ流)などがある。小(こ)長刀のうち上部の身幅が広く、反り高で鎬(しのぎ)がたったものを静形(しずかがた)という。会津藩伝の静流は、信州の人望月相模守定朝(もちづきさがみのかみさだとも)が古伝を受けて創始したという太子(たいし)流軍法剣術に付属し、保科正之(ほしなまさゆき)の会津転封に伴って移され、のち女子用の婦女伝がつくられた。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

静流の関連情報