コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非イオン界面活性剤 ひイオンかいめんかっせいざい

1件 の用語解説(非イオン界面活性剤の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

非イオン界面活性剤【ひイオンかいめんかっせいざい】

水に溶けてもイオンに解離することのない界面活性剤。一般にはポリオキシエチレン鎖や水酸基が親水基として働き,アルキル基が疎水基(親油基)となる。ポリオキシエチレンアルキルエーテルR−O(CH2CH2O)(/n)Hなど。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の非イオン界面活性剤の言及

【界面活性剤】より

…そのほか,化学構造別,合成法別,用途・性能別,または原料別に分類されるが,合成化学の立場では次のように分類整理をするのが一般的である。 水溶性界面活性剤はその界面活性を示す主体である親水基の性質によりイオン界面活性剤と非イオン界面活性剤に大別される。前者はさらに親水基が陰イオンであるか陽イオンであるかにより陰イオン界面活性剤,陽イオン界面活性剤に区別され,分子内に陽イオン,陰イオン構造を同時に含むものを両性界面活性剤という。…

【合成洗剤】より

…(1)台所用洗剤 洗浄時に野菜,果実の外観,味,においを損ぜず,残留性が少ないこと,またとくに使用時の手荒れなどが少ない安全性を考慮したものでなければならない。このため洗剤成分としては,直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(略称LAS),アルキル硫酸エステルナトリウム(AS),アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(AES),α‐オレフィンスルホン酸ナトリウム(AOS),アルキルスルホン酸ナトリウム(SAS)等の陰イオン界面活性剤,ポリオキシエチレンアルキルフェノールエーテル(APE,POE・P),脂肪酸アルカノールアミド(DA)等の非イオン界面活性剤,そのほか両性界面活性剤等が用いられる。現在の台所用洗剤の主流はアルキル鎖長の平均がC12のLAS,AESで,AESの酸化エチレン付加数が2~3のものである。…

※「非イオン界面活性剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

非イオン界面活性剤の関連キーワードイオン化解離藍建て強電解質水溶スルファニルアミド還元建て解離基過酸化カルシウム親和定数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

非イオン界面活性剤の関連情報