コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湿潤剤 しつじゅんざいwetting agent

翻訳|wetting agent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湿潤剤
しつじゅんざい
wetting agent

固体の表面を濡れやすくする作用を増大させる界面活性剤。濡れるとは液体固体に付着することで,物の表面が毛細管組織になっていたり,撥水性物質におおわれているときには水が浸透,湿潤しにくいが,水の表面張力を著しく低下させる物質を加えるとこれらの物体は濡れやすくなる。界面活性剤のなかでこのように水の表面張力を大きく低下させるものを特に浸潤剤 (浸透湿潤剤) という。エーロゾル Aerosol OT,ネカール Nekal BX,リサポール Lissapol Nなどはその代表的なものである。繊維,医療,農薬,食品,洗浄剤,乳化剤,分散剤などに使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しつじゅんざい【湿潤剤 wetting agent】

固液両相が接する場合に,その界面張力を変化させ,両者のぬれ(湿潤)の特性を大きく改善するために用いられるものを湿潤剤といい,広く工業の各分野で利用されている。湿潤剤は界面活性剤の一つであるが,とくに固液界面に対する配向性の大きいもので,系の極性に応じて適当な構造のものが選ばれる。一般に湿潤は,(1)固体表面に液体が接触し,これがぬれ広がるようにする拡張湿潤,(2)固体表面に付着した液相を界面から取り去っていく付着湿潤,(3)固相細孔中に液体が浸透していく浸漬湿潤,に分類される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湿潤剤
しつじゅんざい
wetting agent

液体が固体表面から気体を押しのける現象を「ぬれ」というが、液体に少量添加して固体表面をぬれやすくする作用を示す界面活性剤を湿潤剤という。ぬれの作用の強い物質は固体内部への浸透作用も大きいので、浸透剤として用いられる場合も多い。
 イオン性の湿潤剤では、一般にスルホン基などの親水基が分子の中央部にあるものが湿潤力が大きい。湿潤剤として要求されるHLB値は7~9くらいである。応用分野は広く、染色・漂白などの繊維工業、製紙、写真、塗料工業(顔料の湿潤・分散)、浮遊選鉱などに利用されている。[篠塚則子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

湿潤剤の関連キーワードシェービングクリームトローチ剤グリセリンサンノプコグアッシュ水彩画顆粒剤頬紅

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android