コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非ニュートン粘性 ヒニュートンネンセイ

デジタル大辞泉の解説

ひニュートン‐ねんせい【非ニュートン粘性】

流体を流動させるとき、応力をσ、粘度をη、速度勾配をDとすると、σ=ηDが成立せず、応力が速度勾配に比例しない粘性。この粘性を示す流体を非ニュートン流体という。→ニュートン粘性

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の非ニュートン粘性の言及

【粘性】より

…ただし,通常の流体ではバルク粘性率は小さいので無視できる。また高分子溶液などにみられるニュートンの法則から外れた粘性を非ニュートン粘性といい,そのような流体を非ニュートン流体と呼ぶ。いずれにしても粘性が働くことによって運動エネルギーは熱エネルギーに転化するが,これを粘性散逸という。…

※「非ニュートン粘性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

非ニュートン粘性の関連キーワードビンガム流動レオメーター