コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非国民 ヒコクミン

2件 の用語解説(非国民の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐こくみん【非国民】

国民としての本分・義務に反する行為をする者。特に、第二次大戦時に、軍や国策に非協力的な者を非難する語として用いられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひこくみん【非国民】

国民としての義務を忘れた者。特に、第二次大戦前・戦中において、軍や国の政策に批判的・非協力的な者をおとしめていった語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の非国民の言及

【愛国心】より

…たとえばナチズムは〈血と土〉の神話的象徴によって広範かつ熱狂的な大衆の愛国心を調達した。日本においても愛国心は自由と民主主義の側面を切りつめられ,愛国は忠君に移し替えられて国内の異端(〈非国民〉)排除と侵略戦争へと動員された。他方,侵略された国,植民地化された国,外国に支配された国が解放と独立の際,原動力とするものもやはり愛国心,ただし内発的愛郷心としての愛国心である。…

【国粋主義】より

…このことは必ずしもその選ぶ手段の過激さを否定することではない。いな,むしろそうであるがために,国粋主義は,〈正道〉から外れたと判断する者を〈反国体〉〈非国民〉として激しく排撃し,危機的な状況のもとではテロや武力行使をすら辞さなかった。
[国粋主義と欧化主義]
 国粋主義は西洋文明に対して東洋文明を対置し,儒教など東洋文明の価値を強調する場合がある。…

※「非国民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

非国民の関連キーワード財政犯正当行為憲法違反触法戦時復仇注意義務暴戻違法行為呑み屋フェロニー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

非国民の関連情報