本分(読み)ほんぶん

精選版 日本国語大辞典「本分」の解説

ほん‐ぶん【本分】

〘名〙
① 人が本来つくさなければならないつとめ。その人にとっての本来的な義務
※正法眼蔵(1231‐53)坐禅箴「住持より諸僧、ともに坐禅するを本分の事とせり」 〔荀子‐非相〕
② ものや人に本来そなわっているべき性質。
※史記抄(1477)八「其様に月食は本分のあるべき事ぢゃほどに不書ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本分」の解説

ほん‐ぶん【本分】

人が本来尽くすべきつとめ。「学生の本分をわきまえる」
そのものに本来備わっている性質。
「絵を以て、絵の―以外なる事件の発展をさえ描こうと試みた」〈漱石・文学評論〉
[類語]勤めにん任務義務責任責務本務使命役目やく役儀ぶん職分職責責め課業日課

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「本分」の解説

【本分】ほんぶん

義務。分際。陳・徐陵〔諸官をむる人に答ふる書〕見る、多く本を踰(こ)えたり。ほ太(はなは)だ屈なりと言ふ。未だ高懷(かうくわい)(貴意)を喩(さと)らず。

字通「本」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android