コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非我 ヒガ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐が【非我】

哲学で、自我に対立して存在しているいっさいのもの。自我から区別された外界・環境・自然をさす。⇔自我

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひが【非我】

〘哲〙 認識や行為の主体たる自我に属さず、その外にあるもの。自然・世界など。フィヒテでは自我の働きに抵抗し、自我の自己実現の手段となる。 ↔ 自我

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

非我の関連キーワード定立・反定立・総合インド哲学/用語ドイツ観念論正・反・合フィヒテ自然論テーゼ疎外無我

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android