非業の死(読み)ひごうのし

精選版 日本国語大辞典の解説

ひごう【非業】=の[=な]死(し・しに)

前世から定められた寿命の終わらないうちに死ぬこと。災難などで尋常でない死にかたをすること。非業最期
※平家(13C前)八「明雲は非業の死にすべきものとはおぼしめさざりつる物を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非業の死の関連情報