コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非武装都市 ひぶそうとし open city

翻訳|open city

2件 の用語解説(非武装都市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非武装都市
ひぶそうとし
open city

無防備都市とも呼ばれる。敵軍の占領の危機にさらされた際,その破壊攻撃を避けるため,抵抗の意志がないことを宣言した都市のこと。ハーグ陸戦規則などで,国際法上の保護を受ける。第2次世界大戦中の例としては,世界的文化財の保護や宗教上の理由から,交戦意図を放棄したローマが有名である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非武装都市の関連キーワード戦火のかなた無防備都市無防備地域御呼ばれ敵軍敵勢無防備無防備地区呼ばれるジュネーブ条約追加第1議定書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone