コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非武装都市 ひぶそうとしopen city

翻訳|open city

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非武装都市
ひぶそうとし
open city

無防備都市とも呼ばれる。敵軍占領の危機にさらされた際,その破壊攻撃を避けるため,抵抗の意志がないことを宣言した都市のこと。ハーグ陸戦規則などで,国際法上の保護を受ける。第2次世界大戦中の例としては,世界的文化財の保護や宗教上の理由から,交戦意図を放棄したローマが有名である。 1941年 12月 27日,マニラアメリカ軍の D.マッカーサー総司令官により非武装都市が宣言された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

非武装都市【ひぶそうとし】

無防備都市

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

非武装都市の関連キーワード原爆訴訟空戦法規

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非武装都市の関連情報