コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非鉛系圧電材料 ひなまりけいあつでんざいりょう lead‐free piezoelectric materials

1件 の用語解説(非鉛系圧電材料の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

非鉛系圧電材料

酸化鉛を使用しない環境負荷低減型圧電材料。電圧をかけると結晶が歪む圧電セラミックス材料としては、現在、優れた圧電特性を示す鉛系のPZT(チタン酸ジルコン酸鉛)セラミックスが、圧電アクチュエーター、圧電振動子などの精密部品として、電子機器や自動車に使用されている。欧州では鉛、水銀、カドミウムなどの有害元素の使用を禁止する法律(RoHS〈ローズ指令〉)が2006年7月から施行されたが、優れた性能面から鉛系のPZT使用は規制対象から外された。その背景には、PZTに匹敵あるいは上回る特性を有する圧電材料がなかったという事情がある。しかし、最近ニオブタンタル酸塩系でPZT系並みの特性が報告され、非鉛系圧電材料の開発が急速に推進されている。

(岡田益男 東北大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非鉛系圧電材料の関連キーワード環境負荷酸化鉛エコマーク密陀僧過酸化鉛四酸化三鉛二酸化鉛エコマテリアルGAP(ジー・エー・ピー)ISO14001

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone