匹敵(読み)ヒッテキ

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐てき【匹敵】

[名](スル)比べてみて能力や価値などが同程度であること。肩を並べること。「演歌に匹敵する外国の音楽」「給料の一年分に匹敵する金額」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひってき【匹敵】

( 名 ) スル
同じような力量をもったり、地位をしめたりすること。肩を並べること。つりあうこと。 「プロに-する腕前」 「東京に-する大都市」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひっ‐てき【匹敵】

〘名〙
① (━する) 同程度であること。肩を並べること。つりあうこと。匹当。
※土井本周易抄(1477)五「少女が長男に嫁するは、十五の女が廿の男に嫁するやうにはないぞ、匹敵ではないぞ」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉二「力も智慧も牛に匹敵する人物で」 〔魏志‐郭后伝〕
② 対等の相手。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「双方の匹敵各片眼を閉じ」
③ 配偶者。つれあい。〔漢書‐鼂錯伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

匹敵の関連情報