コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面伏せ オモテブセ

デジタル大辞泉の解説

おもて‐ぶせ【面伏せ】

[名・形動]恥ずかしくて顔を伏せるほどであること。また、そのさま。不名誉。おもぶせ。
「自分の品行の修まらないところから、何となく―な気がしだして」〈荷風つゆのあとさき

おも‐ぶせ【面伏せ】

[名・形動]おもてぶせ」に同じ。
「二人共―な気持ちで御飯をたべた」〈林芙美子・放浪記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おもてぶせ【面伏せ】

顔があげられぬほどに面目ないこと。不名誉。おもぶせ。 ↔ おもておこし 「うとき人に見えば、-にやと思はむとはばかり恥ぢて/源氏 帚木

おもぶせ【面伏せ】

不面目。おもてぶせ。 「 -にも貫一が前に会釈しつ/金色夜叉 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

面伏せの関連キーワード金色夜叉品行

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android