コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放浪記 ほうろうき

8件 の用語解説(放浪記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放浪記
ほうろうき

林芙美子長編小説。第1部,第2部は 1928~30年発表。第3部は発禁を恐れてみずから削除した部分で 47~48年発表。半自伝体の作品で,若く貧しい女がひたむきに生きようとする姿を,散文詩に近い文体にたくまぬユーモアを交えて日記体で描き,爆発的な好評を博した作者の出世作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうろうき〔ハウラウキ〕【放浪記】

林芙美子の自伝的小説。第一次大戦後の東京で、職を転々としながらもたくましく生きる女の姿を描く。昭和3年(1928)から昭和5年(1930)にかけて「女人芸術」誌上で発表。映画化・舞台化もされた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

放浪記【ほうろうき】

林芙美子の長編小説。1928年から雑誌《女人芸術》などに断続して発表。行商人の父母に連れられて木賃宿を転々としていた少女時代,上京後,露天商,女工,カフェーの女給をしながら生きた生活を日記体で描いた自伝的作品で,作者の出世作となった。
→関連項目女人芸術

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

放浪記

1962年公開の日本映画。監督:成瀬巳喜男、原作:林芙美子による同名小説、脚色:井手俊郎田中澄江、撮影:安本淳。出演:高峰秀子田中絹代加東大介、仲谷昇、宝田明、伊藤雄之助、加藤武ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうろうき【放浪記】

林芙美子の長編小説。1928‐29年(昭和3‐4),《女人芸術》に連載。30年に改造社から刊行され,ベストセラーとなる。作者の半自叙伝ともいうべき作品。行商人の父母に連れられ,幼時から木賃宿を転々としていた少女が上京して,女中・露天商・女工・カフェーの女給などをしながら,貧苦や屈辱に耐えてけなげに生きる姿を日記体の文章で綴ったもの。自伝的とはいえ事実そのままではなく,想像力が十分に生かされ,作の真実性を深めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうろうき【放浪記】

長編小説。林芙美子作。第一、二部は1930年(昭和5)刊、第三部は49年刊。社会の底辺を流浪する少女の貧苦の生活を日記体で描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

放浪記

作家・林芙美子による自伝的小説。作者の日記を元にその放浪的生活を書いたもので、1928年~30年「女人藝術」に連載され、30年に初版が改造社より発行された。同年中に『続放浪記』も同社より刊行され、好評を博した。戦中戦後の混乱期を挟み、49年に『放浪記第三部』(留女書店)が刊行された。79年には、これら全てを含めた『新版 放浪記』(新潮社)が刊行され、これが実質上の定本となった。また、35年、54年、62年と3度にわたり映画化されており、高峰秀子主演の62年版が広く知られている。女優・森光子(故人)が61年に主役で初演した舞台版「放浪記」は、同一主演者により2009年まで2017回の上演を記録した。以後6年間上演されなかったが、15年の秋~冬に女優・仲間由紀恵の主演により公演再開されることが、14年10月、東宝株式会社より発表された。

(2014-10-14)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

放浪記
ほうろうき

林芙美子(ふみこ)の小説。1928年(昭和3)8月から29年にかけ『女人(にょにん)芸術』に6回連載。30年改造社から「新鋭文学叢書(そうしょ)」の一冊として出版、ベストセラーとなったため同年同社から第二部『続放浪記』出版。第二次世界大戦後、発禁を恐れて未発表であった部分を、47~48年『日本小説』に第三部として断続連載、完全なものとなった。49年『放浪記―第三部』留女(るめ)書店刊。ノルウェーの作家クヌート・ハムスンの『飢え』(1890)に触発されて書きためた日記をもとにした、半自伝的青春小説で出世作。ふるさとをもたない少女期の回想を序に置いて、女学校を終え上京以後、結婚に落ち着くまでの4、5年間の放浪生活、すなわち職を転々とし、捨てられる同棲(どうせい)を繰り返し、都会の底辺をはい回る主人公の姿を、詩を含む日記体で生き生きと描く。世界的不況の時代、主人公のアナーキーな自由が虚無に陥らず、貧困や屈辱にめげず、母への絆(きずな)、人間への信頼、文学への夢を失わない、明るい世界となっている。[橋詰静子]
『『新版放浪記』(新潮文庫) ▽板垣直子著『林芙美子』(1956・東京ライフ社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放浪記の関連キーワード林芙美子中編小説長編小説山妣うず潮ZOKU林芙美子記念館林芙美子文学館太鼓たたいて笛ふいて《浮雲》(林芙美子)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

放浪記の関連情報