面工(読み)メンク

大辞林 第三版の解説

めんく【面工】

工面くめんの倒語
都合。ふところぐあい。 おれも其の時分は-がわるくて/滑稽本・膝栗毛 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めん‐く【面工】

〘名〙 (「くめん(工面)」の「く」「めん」を逆さにしていった語) 工夫して金銭や物を集めること。また、金まわり。財産状態。江戸で流行した俗語。
※洒落本・突当富魂短(1781)新宿の遊び「こふいふ時は、客も七難そくめつと面工をし、あすの節句の間をあわす」
※東京灰燼記(1923)〈大曲駒村〉一一「皆割増の賃銀が這入るから、それ相応にめんくがいい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

面工の関連情報