工面(読み)クメン

デジタル大辞泉の解説

く‐めん【工面】

[名](スル)《「ぐめん」とも》
いろいろ手段・方法を考えて手はずを整えること。特に、なんとか工夫して金銭を用意すること。算段。「旅費を工面する」
金回り。ふところぐあい。
「―のいい馴染に逢って、ふもとの山寺に詣でて鹿の鳴声を聞いた処」〈鏡花・眉かくしの霊〉
相談。談合。
「扨母の心も休めたく、此の亭主に―し」〈浄・天の網島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くめん【工面】

( 名 ) スル
〔近世には「ぐめん」とも〕
必要な金銭・品物などを、やりくりしてそろえること。 「元手を-する」
金のやりくり。金まわり。 「 -が好かつたので言値で買つた/雁 鷗外
才覚。工夫。また、そのための相談。 「武士の喧嘩に-はいらぬ/浄瑠璃・薩摩歌」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐めん【工面】

〘名〙 (古くは「ぐめん」とも)
① 物事の手段、方法に関する工夫。算段。才覚。
※八帖花伝書(1573‐92)七「はやしよくくめんをやり、ゆだんなく心得べし」
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉帰ってから「早く好い御嫁さんでも貰って別に成る工面(クメン)を御為(おし)よ」
② (━する) 相談。談合。
※浮世草子・御前義経記(1700)七「兎角ぐめんもことによる。はや請出して行と聞、今になっての評定一里さがっての分別」
③ (━する) 工夫して金銭や物を集めること。算段。
浄瑠璃・生玉心中(1715か)上「気を揉んでももがいても、身は裸なり、ぐめんはならず」
④ (③の意から) 財政状態。金まわり。身代。多く「良い」「悪い」を伴って用いる。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二上「やろうめらア工面(クメン)がゑいから、すきなものをきやアがる」
[語誌](1)近世は「ぐめん」と発音され、表記も仮名表記をとることが多かったが、後期の江戸では「くめん」と清音であった。
(2)「大言海」では「工夫面倒」の略とするが、意味による当て字的な表記と思われる。本来は手段や方法を工夫する意であったが、のち、③④のような金銭面での使用に特定された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

工面の関連情報