コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工面 クメン

デジタル大辞泉の解説

く‐めん【工面】

[名](スル)《「ぐめん」とも》
いろいろ手段・方法を考えて手はずを整えること。特に、なんとか工夫して金銭を用意すること。算段。「旅費を工面する」
金回り。ふところぐあい。
「―のいい馴染に逢って、ふもとの山寺に詣でて鹿の鳴声を聞いた処」〈鏡花・眉かくしの霊〉
相談。談合。
「扨母の心も休めたく、此の亭主に―し」〈浄・天の網島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くめん【工面】

( 名 ) スル
〔近世には「ぐめん」とも〕
必要な金銭・品物などを、やりくりしてそろえること。 「元手を-する」
金のやりくり。金まわり。 「 -が好かつたので言値で買つた/雁 鷗外
才覚。工夫。また、そのための相談。 「武士の喧嘩に-はいらぬ/浄瑠璃・薩摩歌」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

工面の関連キーワード黃・亢・交・仰・侯・倖・候・光・公・功・劫・効・勾・厚・口・叩・后・向・咬・哄・哮・喉・坑・垢・好・孔・孝・宏・寇・工・巧・巷・幸・広・庚・康・廣・弘・後・恆・恍・恒・恰・慌・抗・拘・控・攻・效・昂・曠・更・校・格・梗・構・江・洪・浩・淆・港・溝・狡・甲・皇・皎・皓・睾・硬・稿・紅・絞・綱・考・耕・耗・肓・肛・肯・肴・腔・膏・膠・興・航・荒・薨・虹・行・衡・講・貢・購・逅・郊・Super Audio CD障害者就業生活支援センターコミサルジェフスカヤジョコ・ウィドド借金を質に置くESCO事業ドクターカー心中重井筒名月八幡祭本居かつせいらく菊池徳子人見絹枝童養せき浪華悲歌右から左捻り出す置き据え遣り繰る

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

工面の関連情報