コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面指数 めんしすう

1件 の用語解説(面指数の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

面指数【めんしすう】

結晶軸を用いて結晶面を記載する数値。基準になる結晶面の標軸比(その結晶の軸率)をa:b:cとすると有理指数の法則から他のすべての結晶面の標軸比はHa:Kb:Lc(H,K,Lは有理数および∞)。
→関連項目結晶系結晶軸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の面指数の言及

【結晶】より

…結晶に成立する簡単な法則というのは,H,K,Lのおのおのは簡単な有理数,すなわち分数の形にしたときにその分子・分母ともにあまり大きな整数とはならないような有理数となるというもので,これを有理指数の法則という。
[面指数]
 H,K,Lの分母の最小公倍数をM,分子の最大公約数をDとし,MH/Dh,MK/Dk,ML/Dlとすれば,h,k,lは1以外の公約数をもたない整数のうち値の小さなものであり,HKLhklであるから,(1)はとなる。これらのh,k,lを面Pの指数といい,面Pを(hkl)によって表して,これを面記号という。…

※「面指数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

面指数の関連キーワード完面像結晶系結晶軸結晶面双軸結晶双晶多結晶単結晶ミラー指数ミラー‐ブラヴェ指数

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone