コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有理指数の法則 ゆうりしすうのほうそくlaw of rational indices

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有理指数の法則
ゆうりしすうのほうそく
law of rational indices

結晶に対し適当な結晶軸座標軸とすると,各結晶面ミラー指数が簡単な整数になるという法則。 1782年 R.アユイにより面角一定の法則とともに経験則として見出されたが,結晶内の規則的な原子配列と関連させて理解されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

有理指数の法則【ゆうりしすうのほうそく】

結晶学の基本法則の一つ。結晶において,基準となる適当なある結晶面を選んで,それが結晶軸を切る切片の比(標軸比)をa:b:cとすれば,他のすべての結晶面の標軸比x:y:zをそれで割った値,すなわちx/a,y/b,z/cをすべて有理数(一般に簡単な整数または無限大)とならしめることができ,またそうなるような基準結晶面が必ず一つ存在するという法則。
→関連項目アウイ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の有理指数の法則の言及

【結晶】より

…すなわち,結晶形態の考察においては,結晶面を自由に平行移動させて考えてもさしつかえない。
[有理指数の法則]
 結晶形態に現れる稜(結晶面の交線)の中で,同一平面上にない任意の3稜を選んで,これらをこの結晶の結晶軸a,b,cと名づけ,結晶形態を記述する座標軸とすることができる。これらの座標軸は一般には一つの斜交座標系を構成する。…

※「有理指数の法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

有理指数の法則の関連キーワード有理指数の法則(結晶)アウイの法則結晶系結晶学面指数

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android